ニキビに効く食べ物と、悪化する食べ物とは?

最近どうもニキビがよくできる……そんなときもありますよね。
そのような時期、皆さんはどのような対策をとりますか?

 

サプリを飲む? 専用アイテムを取り入れる? 睡眠をしっかりとる?
中でも「食事を見直してみる」という方法を取る方も多いのでは?

 

よく知られていることですが、食事とニキビは密接なかかわりがあります。
しかし「なんとなくニキビ良さそう」「悪そう」というイメージはあれど「〇〇は××だから良い」「△△だから悪い」と、具体的に知っている方は少ないのでは?

 

今回はニキビを根本的にケアするなら絶対に知っておきたい、ニキビに良い食べ物・悪い食べ物をご紹介します。

 

ニキビに効く食べ物

最初に紹介するのはニキビが気になるときに積極的に摂りたい、ニキビに効く食べ物です。

 

・にんじん/トマト/ほうれん草/レバー類
これらは皮膚の健康を保ちターンオーバーを促すビタミンAを豊富に含んだ食材です。
加熱により失われにくい脂溶性ビタミンでもあるので、生食よりも油でいためて食べるのがおすすめです。

 

・イチゴ/アセロラ/ピーマン
これらは美肌成分の王様、ビタミンCを含んだ食材です。
抗酸化作用や抗炎症作用に富んだ食材ですが、熱により壊れやすいビタミンでもあるので生食かサッと炒める程度がいいでしょう。

 

・納豆/卵
これらに含まれるビタミンB群は、皮脂の分泌を抑制し皮膚を健康に保つ効果があります。
ビタミンCと一緒に摂るとさらに効果がアップ。

 

ニキビを悪化させる食べ物

次に紹介するのは、ニキビが気になるときには控えたい食べ物です。

 

・スナック菓子/チョコレート/ケーキ
これらは分解される際、ビタミンB群やミネラルを消費してしまう糖を多く含んだ食べものです。
皮脂の過剰分泌に繋がるので食べ過ぎは禁物。
どうしても甘いものが食べたいという場合、スナック菓子や洋菓子よりかは和菓子がおすすめです。

 

・油物
揚げ物やバターたっぷりのお菓子は、皮脂の材料でもある中性脂肪が含まれています。
結果、皮脂の過剰分泌でニキビの原因になることも。

 

・辛いもの/コーヒー
辛いカレーやコーヒーといった刺激が強い食べ物もニキビには悪影響。
胃腸の負担になりターンオーバーを乱す上、ビタミン・ミネラルを体外に排出してしまう作用があるので、過剰摂取は注意が必要です。

 

まとめ

ニキビに効く食べ物とニキビを悪化させてしまう食べ物、いかがでしたか?

 

忘れてはいけないのが、“何事もバランスである”という点です。
ニキビに効くからといってそればかりを食べていては栄養が偏ってしまいますし、ニキビを悪化させるからといって好きなものを封印してしまってはそれ自体がストレスになってしまいます。

 

大事なのは栄養のバランス。
そこを踏まえた上で、ニキビに有効な食事を心がけてください。

 

⇒ニキビ対策に私が使ったラミューテをレビューしました。