同じ場所にニキビが出来る理由とは?

食事が適当になったり、睡眠が足りなかったり、クレンジングが疎かになったり。
ちょっとでもそんな日が続くと、現れるイヤな奴がいますよね。

 

そう、ニキビです。

 

でもそのニキビ、こんな風に疑問に思ったことがある方も多いのでは?
「毎回同じところにできるような気がする……」。

 

ニキビができるのは仕方ないとして、“毎回同じところに……”というのはなぜなのでしょう?

 

今回はニキビ発生のメカニズムと、同じところに繰り返しできる理由をご紹介します。

 

ニキビができるまで

ニキビができるまでは、以下のプロセスをたどります。

 

@ 角質が厚くなり、毛穴が狭くなる
A 狭くなった毛穴は皮脂を排出できず、中にためてしまう
B 皮脂をエサにアクネ菌が増殖し、毛穴内で炎症が起きる(=ニキビの状態)

 

意外とここまで詳しくは知らない方も多かったのではないでしょうか?
それでは同じ所に出来る理由に入っていきますね。

 

同じところにできるのはなぜ?

ニキビができるまでのプロセスはわかりましたが、では同じところに……というのはなぜなのでしょうか?
それにはいくつかの可能性が考えられます。

 

■場所的に皮脂の分泌が多い
いつもできる場所がTゾーンである場合、そもそも“場所的に皮脂の分泌が多い”という可能性があります。
過剰な皮脂はニキビを誘発するため、皮脂が多い場所というのは、イコール繰り返しニキビができやすい場所であるともいえるのです。

 

■毛穴が開いている
一度ニキビができた毛穴はぽっかりと開き、皮脂や汚れがたまりやすくなります。
毛穴は、開きすぎも狭くなりすぎもよくないということですね。

 

■奥にアクネ菌が潜んでいる
表面上はニキビが治ったと思っても、実は毛穴の奥にはアクネ菌が潜んでいることがあります。
その場合、毛穴に皮脂が詰まりだすと炎症を起こし再びニキビ……というパターンがあります。

 

対策

「場所的に皮脂の量が〜」「毛穴が開いて〜」などといわれると、これといった対策はないように思うかもしれません。
しかし、理由がある以上対策もあるのでご安心ください。

 

対策としては……

 

・優しく泡洗顔を心がける
・洗顔後は生え際までしっかりと洗い流し、保湿、蓋をする
・汗をかいたらその都度ふき取る
・寝具、メイク道具など肌に触れるものを清潔にする

 

などが挙げられます。

 

このようにいくつかの対策がありますが、ポイントは「肌を清潔に保湿された状態に保つ」というところにありそうですね。

 

まとめ

同じ場所にニキビができる理由、いかがでしたか?

 

繰り返すニキビには対策があります。
「私の“これ”も、もしかしたら繰り返しニキビかも……」なんて方は、ぜひ対策を取り入れて、ニキビの連鎖にストップかけてくださいね。

 

私の大人ニキビ対策!ラミューテを使ってみました!