大人ニキビ治らない・・・原因や予防方法は?

中高生や若年層の多くが一度は経験するニキビ。
なんとなく青春の象徴なんてイメージがありますが、ニキビは若年層だけのものでしょうか?

 

いいえ……残念ながら「大人ニキビ」なんてものがありますよね。

 

「大人になれば落ち着くと思ってたのに全然よくならない」「むしろ治りづらくなった」……このように感じている人も多いのでは?
まさしく私もその一人でした・・・。

 

今回は大人ニキビの原因と予防法をご紹介します。

 

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は、「これ!」という1つのものがあるわけではありません。
ここでは、代表的なものを3つ見ていきましょう。

 

■ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンには肌の潤いを保つエストロゲンと、皮脂の分泌を促すプロゲステロンがあります。
このバランスが崩れると「水分量が減り皮脂は増え……」という状況になり、ニキビができやすくなります。

 

■偏った食生活
大人になると忙しさにかまけ食事も乱れがち。
しかし肉や油物中心の食事では、美肌に欠かせないビタミン・ミネラルが十分とれません。

 

■ターンオーバーの乱れ
肌は28日サイクルで新しく生まれ変わります。
しかしこのサイクルが乱れると古い角質がたまり毛穴を塞ぎ、結果ニキビができやすい肌になってしまいます。
単に皮脂の過剰分泌からおこる思春期ニキビとの最大の違いもここにあります。

 

このように、大人ニキビの原因は体の中と生活に潜んでいます。
単に美容液を使ったり、念入りに洗顔したり……といった自己流の対策で「治らない」と感じるのもこのためです。

 

また、偏った食生活はホルモンバランスの乱れを引き起こしたり、ホルモンバランスの乱れからターンオーバーが乱れたり……など、これらの要因は影響しあっています。

 

大人ニキビを直すなら、生活スタイルの改善が不可欠と言えそうですよね。

 

大人ニキビの予防法

大人ニキビを予防する上で欠かせないのが「保湿」です。
特に昔からニキビに悩んでいた方に多いのですが、とにかく皮脂を落とそうと躍起になりがち。

 

過剰な洗顔は乾燥肌を招き、乾燥肌は肌のバリア機能を低下させるほか、角質を厚くしてターンオーバーを乱してしまいます。

 

ニキビ=皮脂過多=落とさなきゃ……と思いがちですが、大人ニキビに乾燥は禁物。
保湿こそが予防になるのです。

 

まとめ

大人ニキビの原因と予防法、いかがでしたか?

 

「子供のころからずっと悩んでいた」という方の中には、もしかしたら子供時代と同じ対策を続けてきていた、なんて場合もあるかもしれません。

 

このように、大人ニキビは思春期ニキビとは違うもの。
大人ニキビの性質を踏まえたうえで、効果的なアプローチを選択するのが◎ですね。

 

大人ニキビ対策で話題のラミューテの体験談を公開中!