ラミューテとビーグレンを比較しました。結果はなんと・・・!?

大人になってまで現れる憎きニキビ。
悩んでいる方は珍しくありません。

 

そんな大人ニキビに悩んでいる方の注目を集めるブランドがあります。
それが「ラミューテ」と「ビーグレン」です。

 

どちらもニキビに働きかける、美肌に特化したブランドです。
しかしどちらも同じくニキビに効果のあるブランドなら、気になるのは「どっちが優れているの?」という点。

 

今回はどちらにしようか迷っている方のサポートをすべく、ラミューテとビーグレンを比較してみました。

 

比較

まずは、継続する上では欠かせない価格や容量といったコスパ面、ターゲット層、気になる口コミなどをまとめてみましょう。

 

■ラミューテ
トライアル価格:8,550円
通常価格:17,100円
トライアル内容:ビオリズム洗顔フォーム/エンリッチ化粧水/アドバンス保護美容液
トライアル容量:1.5ヶ月分(洗顔120g/化粧水100ml/美容液30g)
注目ポイント:ホルモンバランス
ターゲット層:20代〜
口コミ:ニキビが消えた/効果を感じられなかった

 

■ビーグレン
トライアル価格:1,800円
通常価格:18,300円
トライアル内容:クレイウォッシュ/クレイローション/Cセラム/QuSomeモイスチャーゲルクリーム
トライアル容量:7日分(洗顔15g/化粧水15ml/美容液7ml/クリーム10g)
注目ポイント:浸透力
ターゲット層:20代〜
口コミ:ニキビが消えた/刺激を感じた

 

総評

結論から言うと、個人的なおすすめは「ラミューテ」になりました。
詳細は以下の通りです。

 

トライアルの値段に大きな違いがでてギョッとしてしまいましたが、これは容量の違いによるもの。
1.5ヶ月分のラミューテに対しビーグレンは約7日分となっています。

 

内容と容量はどちらもトライアルのもので、通常バージョンはどちらも約1.5か月分となっています。
つまり、ラミューテのトライアルは通常バージョンがそのまま割引されているという形ですね。
また、通常価格はトライアルのセットアイテムを通常価格で買ったら……という場合を想定し計算しています。

 

どちらも大人ニキビに特化したアイテムということで、ターゲット層は20代〜と被っています。

 

注目したいのが口コミです。
どちらも良い口コミ、悪い口コミを載せましたが、ビーグレンの方は海外製品とあってか「刺激を感じた」「染みた」という内容が目につきました。
対するラミューテはパラベン、アルコールフリーなど優しい成分になっているせいか、「効果がなかった」という声はあれど「悪化した、刺激を感じた」という声は少ないようです。

 

大人の肌事情は敏感肌且つニキビ肌、インナードライなどなど複雑なもの。
結果、刺激面を考慮しラミューテに軍配が上がるという結果に・・・!

 

私もラミューテを使っていますが、ピリピリするニキビケア用品が多い中で、ラミューテはピリピリしませんでした。

 

まとめ

どちらも注目を集めるアイテム同士の比較、いかがでしたか?

 

お肌は一生もの。
アイテム選びはじっくり比較・検討し、慎重に行ってくださいね。

 

⇒私のラミューテのレビューはこちら