脂性肌(オイリー肌)の洗顔ポイントとは?

洗顔をしても顔がベタベタ、パウダーを叩いても数時間たてばテカテカ。
こんな脂性肌、やっかいですよね。

 

一定数の人を悩ませる脂性肌ですが、脂性肌の正しい肌ケアをできている人は、意外にも多くはありせん。
⇒私もそうでした・・・

 

今回は脂性肌で起こる肌トラブル、また脂性肌おすすめの洗顔法をご紹介します。

 

脂性肌で起こりやすい肌トラブルとは?

脂性肌とは、カンタンに言うと「皮脂が過剰に分泌されている肌」のこと。
過剰な皮脂は直接的にも間接的にも、肌に良い影響は与えません・・・。
では具体的にはどのようなトラブルがあるのか、見ていきましょう。

 

■テカリ、べたつき
脂性肌のほとんどに出る症状が、「肌のベタつき、テカリ」です。
テカリやべたつきは、その見た目から「顔を洗ってなさそう……」という不衛生な印象を与えるだけではなく、酸化した皮脂が肌を老化させるといった恐ろしい事態も引き起こしかねないのです。

 

また女性であれば化粧崩れや皮脂によるくすみなども、この症状からくる悩みの1つかもしれません。

 

■黒ずみ毛穴
俗にいう「イチゴ鼻」も、脂性肌にとっては根深いトラブルの一つです。
黒ずみの正体は、毛穴にたまった皮脂。
この皮脂が酸化することで黒くなり、結果毛穴にポツポツとした黒ずみが現われるように見えるのです。

 

■ニキビ
思春期のみならず大人も悩ませるニキビも、脂性肌にはつきもののトラブル。
ニキビとはアクネ菌が異常に増殖したすえに現れるもので、この原因であるアクネ菌のエサがまさに皮脂なのです。
皮脂というエサが豊富な肌はアクネ菌にとってまさに天国。
結果、ニキビができやすいということになるわけです。

 

おすすめの洗顔法

洗顔は美肌の第一歩。
ここでは、脂性肌におすすめの洗顔法をご紹介します。

 

手を洗う

※手が汚れていると洗顔料の泡立ちが悪くなるだけではなく、洗浄力も落ちてしまいます

 

洗顔をモコモコに泡立てる

これすごく重要です!本当にモコモコにしてください。

 

泡をなでるように優しく洗う

※皮脂を落とし過ぎると逆に乾燥し、結果皮脂の分泌を促すことに。ゴシゴシ洗いはNG

 

充分に洗い流す

結構しつこいぐらい洗い流してください。

 

清潔なタオルで拭く

ここで清潔ではないタオルで拭くと台無しです。
パッパッと軽く叩くように拭いてください。
こするのはNGです。

 

化粧水、乳液で保湿

※脂性肌から……と乳液を使わない方もいますが、化粧水が水分を与えるのなら乳液は蓋代わり。水分を閉じ込めるためにも乳液は必須です。

 

皮脂が気になるからといって、たんに脂を取りまくればいいというわけではありません。
基本に忠実な、正しい洗顔を心がけてください。

 

まとめ

脂性肌に起こりやすいトラブル、おすすめの洗顔法を紹介しました。

 

脂性肌は生活習慣からも強く影響を受けます。
正しい洗顔をしつつ、生活スタイルを見直してみるのもおすすめです。

 

ニキビ対策で話題のラミューテを使ってみました!