ストレスと大人ニキビ(吹き出物)の関係とは?場所や特徴について解説します。

「理不尽なことで上司に怒られる」
「同じことをしているのに同僚の方が評価されている」
「子供がぐずってばかり」
「パートナーが家事、育児を丸投げしてくる」
このように、大人は常にストレスにさらされています。

 

もはや生活すればストレスがついてくる、生きていく上で切っても切り離せないストレスですが、ニキビとも無関係じゃないってご存知でしたか?

 

お互い嫌なもの同士のニキビとストレス、2つはどのような関りがあるのでしょう?

 

今回はニキビとストレスの関係と、ニキビができる場所についてご紹介します。

 

ストレスと大人ニキビの関係

ストレスとニキビの関係は2つに分けて説明することができます。
まずはストレスが直接的に影響する場合、ここでは脳に注目します。

 

ストレスは、脳の自律神経や内分泌を司る視床下部に影響を与えます。
このとき、連動して働くのが脳下垂体と副腎皮質という部分です。

 

問題はこの脳下垂体と副腎皮質で、ここからは男性ホルモンが分泌されます。
つまりストレスを受けると男性ホルモンが増加する、ということです。

 

なぜストレスで男性ホルモンの分泌が活発になるかというと、男性ホルモンは心身を強化する作用があるため。
つまり体の中では「ストレスを受ける→負けないように強くならなけらば→男性ホルモン分泌」という働きが起こっているのです。

 

しかし男性ホルモンはストレスに抵抗できるエネルギッシュな心身を作ると同時に、皮脂の分泌を活発にし、さらには皮膚をかたくする作用も持っています。
このため、ストレス状態が持続すると「皮脂量が増える上皮膚もかたくなり毛穴がつまる=ニキビができやすい」という状態になってしまうのです。

 

またストレスは食欲不振や暴飲暴食、睡眠不足、ターンオーバーの乱れなども引き起こします。
ご存知の通り、食生活の乱れや睡眠不足、ターンオーバーの乱れはニキビの原因になりえます。

 

この通り、ストレスは直接的にも間接的にもニキビに影響を及ぼすのです。

 

大人ニキビのできる場所

生え際であれば髪による刺激や洗顔のすすぎ残し、おでこは睡眠不足などなど、ニキビのできる場所は原因により異なります。

 

ストレスによってできるニキビの場合、場所として特に多いのはあごや鼻下といった「口周り」です。
男性は、多くの人口周りにヒゲが生えますよね。

 

このように口周りというのは、男性ホルモンの影響を受けやすい部分でもあるんです。

 

まとめ

ストレスと大人ニキビの関係、いかがでしたか?

 

どんなにケアをしてもよくならない、という方は生活を見直してみてください。
慢性的にあなたを悩ませるストレスはありませんか?

 

口周りのニキビはストレスのサイン。
小手先の対策ではなく、根本的なアプローチを考えてみてください。

 

⇒私はラミューテを使ってみました。