ニキビを潰す癖があるけど、これ大丈夫!?悪い事はないの?

「かさぶたは剥がした方がいい」「いや剥がさない方がいい」、「毛は剃ると濃くなる」「いや濃くはならない」。
世の中、こんな風にころころと変わる“説”ってありますよね。

 

ニキビを潰す、というのもその1つではないでしょうか?

 

「潰した方が早く治る」「いや跡が残るから潰すのはダメ」……一体どちらが正しいのでしょう?
今回は「ニキビは潰した方がいいのか、はたまたそれはダメなのか」理由と共にご紹介します。

 

なんでニキビを潰すの?

そもそも、人はなぜニキビを潰すのでしょう?
理由はいくつか考えられますが、多くの場合「潰した方が早く治ると信じているから」です。

 

それともう一つ、ニキビは潰すと中の膿がにゅるっと出てきたり、かたい角栓が飛び出したりします。
人によってはその感覚が快感になってる場合もあります。

 

ニキビを潰しても大丈夫?

潰した方が早く治る、痕が残るから潰すのはダメ……諸説あるニキビ対策ですが、一体どちらが正しいのでしょう?
正解は「どちらも正しい」です。

 

というのも確かにニキビを潰すと、周辺の皮膚まで傷つき、結果クレーターとして残ることがあります。
これが俗にいうニキビ跡で、「ニキビを潰すと跡が〜」説の真相です。
しかし一方で、潰すことで早く治るタイプのニキビがあるのも事実なのです。

 

ここで「じゃぁ潰してもダメなわけじゃないんだ」と判断するのは危険です。

 

潰した方が早く治るニキビもある、と書きましたが、その判断を下すのは医師。
さらにお医者さんがニキビを潰す場合「潰すべきニキビを見極め、正しい方法で潰す」という処置をします。

 

素人にそれができるでしょうか?

 

つまり統括すると「確かに潰すことで治るニキビもあるけど、自分で潰すのは厳禁」ということになります。

 

ニキビ跡の治し方

基本的に自分でニキビを直そうと思ったら保湿を徹底し、肌を乾燥状態にしないことが大切です。
しかしニキビ跡の場合、それだけでは治らないことがほとんど。

 

ニキビ跡にも種類があるのですが
シミ状……肌バリア機能の強化、ターンオーバーの正常化
赤み……抗酸化ケア
クレーター……肌バリア機能の強化、ピーリング、レーザー
などの治療法が挙げられます。

 

どうですか?
単にニキビを治すより、多分に難しそうですよね。
肌バリア機能の強化にしろターンオーバーの正常化にしろ、どれも一朝一夕でできるものではありません。

 

ニキビ跡は完全に治そうと思ったら医療機関にかかる必要があるうえ、このように時間もお金も要するものです。
特にピーリング、レーザー治療などはそれ自体が刺激になることもあり、「やれば絶対に治る」というものはありません。

 

まとめ

ニキビは潰していい? だめ? という内容でしたが、いかがでしたか?

 

ニキビ跡はまず作らないことが大切。
ニキビを潰すというのはニキビ跡をつくる可能性を高める行為なので、絶対にやめてくださいね。

 

⇒話題のラミューテ使ってみました。